このページの本文へ移動
理念?ミッション?ビジョン

新潟大學將來ビジョン2030

新潟大學將來ビジョン2030(英語ページ)はこちら

はじめに

21世紀もすでに四半期を迎えようとしている。この間、2001年のアメリカ同時多発テロ事件、2011年の東日本大震災に象徴される、紛爭や自然災害などが引き続き、今また新型コロナウイルスのパンデミックという大きな試練に立たされ、激動の社會が続いている。一方で、急速に進展する科學技術は、持続可能な社會の発展を遂げるための原動力として大いに期待されており、それとともに進む社會の変革のなかで、大學の使命も大きな見直しと転換が求められてきている。

新潟大學は、こうした激動の21世紀の社會の中で必要とされ、さらに輝き続けることを目指している。そのために、日本の國立大學として何ができるかを常に考え、そして行動し、未來予測のもとで、次世代の人材育成と科學の発展に寄與し、社會に貢獻する。

この新潟大學將來ビジョン2030は、新潟大學の原點に立ち返るとともに、多様なステークホルダーに未來の新潟大學のあるべき姿を示すものである。ここでは、SDGs(持続可能な開発目標)の達成期限でもある2030年を直近の未來と見據え、その未來社會に向けて新潟大學が果たすべきミッション(使命)を、「未來のライフ?イノベーションのフロントランナーとなる」ことと定め、地球に生きるわれわれ人類の営みを豊かにするために、総合大學である新潟大學の知を結集する。その上で、2030年という未來における新潟大學のあるべき姿をビジョンとして描き、そのビジョンに向けたこれからの道筋を目標として掲げる。

2021年2月26日

新潟大學長
牛木辰男

新潟大學の沿革と理念

新潟大學は、かつて「越(高志)」と呼ばれた地に育まれた敬虔質実の伝統と、幕末の開港5港の一つとして世界に開かれた海港都市(新潟市)の進取の精神を受け継ぎながら、舊制新潟醫科大學と舊制新潟高校が母體となり、三つの師範學校、長岡高等工業學校、新潟県立農林學校などが集まって1949年5月に新制國立大學として発足した。

新潟大學の理念「自律と創生」は、こうした伝統と進取の精神を受け継ぐもので、この理念のもとに、教育、研究、社會貢獻という見地から、地域のみならず世界の発展に資する知の拠點としての役割を果たしてきた。

現在、學生數約13,000人、教職員數約3,000人を擁する全國有數の大規模総合大學に成長し、10學部5大學院研究科とともに、脳研究所、災害?復興科學研究所、醫歯學総合病院、附屬學校園を有している。また、時代に即した全學組織として、環東アジア研究センター、佐渡自然共生科學センター、日本酒學センターが設置されている。

2030年に向けたミッション

新潟大學は、本州の日本海側に位置し、複數の領事館を有する地方中核?政令指定都市の新潟市にメインキャンパスをもつ大規模総合大學として、日本海対岸のアジアを基點に世界に開かれた「知のゲートウエイ」の役割を明確にする。その中で、教育、研究、社會貢獻を通じた知の交流を深め、人生や學びのあり方、地域社會や國際社會とのあり方について、われわれが21世紀を人間らしく生きていくための新たな定義と提案を社會に投げかける。

このように、新潟大學は、醫療?健康?福祉分野に留まらず、21世紀を生きるわれわれの「生命」、「人生」、「生き方」、「社會の在り方」、「環境との関わり」と、それらの土臺となる「地球」や「自然」についての新たな価値と意味を生み出すための革新を「ライフ?イノベーション」と定義し、本學が掲げる「自律と創生」の理念のもとに、全學の知を結集して未來のライフ?イノベーションのフロントランナーとなることをミッションとする。

2030年のビジョン

新潟大學將來ビジョン2030(英語ページ)はこちら

桃花影院手机在线观看-桃花影院