このページの本文へ移動
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 留學センターの張雲準教授が著書『日中相互不信の構造』を執筆しました

留學センターの張雲準教授が著書『日中相互不信の構造』を執筆しました

2021年04月26日 月曜日 研究成果

教育?學生支援機構留學センターの張雲準教授が著書『日中相互不信の構造』(東京大學出版會)を執筆しました。本書では、日中の相互不信の構造を、米國という要因と日中米3カ國関係から探り、新しい日中関係の視角を提示しています。特殊な関係性に焦點を當てるのではなく、より一般的な國際関係論の観點から日中関係の知的基盤を検証し日中関係の知的次元の正常化を試みており、日本経済新聞に書評が掲載されるなど、注目を集めています。

 

本件に関するお問い合わせ先

學務部留學交流推進課
電話 025-262-6935

他のニュースも読む

桃花影院手机在线观看-桃花影院